失った歯を補う注目の治療~インプラント治療~

笑顔の老夫婦

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を取りつけて歯の機能を補う治療法です。人工歯根が顎の骨にしっかりと結合するため噛み心地に優れ、自分の歯のようにしっかりと噛めるのが最大の特長。さらに人工歯に用いるセラミックは本物の歯のような透明度を持ち、まわりの歯の色調に合わせられるため、見た目も自分の歯と見分けがつかないほど自然に仕上がります。

以前から歯を補う治療にはブリッジや入れ歯といった方法がありますが、噛み心地・見た目をはじめ、より多くのメリットがある治療として、近年インプラント治療の人気が高まっています。

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。




  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される




  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

TO PAGE TOP

インプラント治療の流れ

コスモス歯科クリニック・津田沼南歯科のインプラント治療の流れをご案内します。

マロ・クリニック東京

当院では、専門のトレーニングを受けた歯科医師がインプラント治療を担当しています。また、インプラント治療の世界的な牽引役として活動してきたマロ・クリニック東京と提携しています。

マロ・クリニック東京は、世界中から集まるインプラント専門医のための最大の教育機関であり、他院でインプラント治療を断られた難症例の患者様を多く受け入れている医院です。現在まで延べ2万4000人以上の治療を行っている、インプラント治療の権威ともいえます。

他院でインプラント治療を断られた難症例の方へ

歯に違和感がある女性

提携先のマロ・クリニック東京で治療を受けていただけます。術後のケアは、通いやすい当院で行うことができます。

なお、ご希望の場合には、麻酔専門医による静脈内鎮静法(点滴による麻酔で痛みや恐怖感をほとんどない)を用いた手術も可能ですので、ご遠慮なくお申し付けください。

お悩み、ご要望やインプラントに関する疑問などにお答えします。他の医院でインプラント断られた方でマロ・クリニック東京様で手術を希望の方でもお気軽にご相談ください。マロ・クリニック東京様と連携の上で進めます。その後、各種検査にてお口や全身状態を把握します。正確な診断のためにCT撮影を行います。

カウンセリング・検査結果をもとに立案した治療計画を3Dシュミレーションを用いてご説明します。インプラント以外の治療方法もご説明しますのでご不明な点は遠慮なくご質問ください。治療方法や費用、メリット・デメリットなどに十分ご納得いただけた段階で治療に入ります。
当院のみでは対応が難しい場合にはマロ・クリニック東京様と連携をいたします。

歯周病や虫歯などがある場合は先に必要な治療を行います。また、人工歯根を埋め込むために十分な歯肉や骨の厚みがない場合には、先に再生療法を行うことがあります。

専用手術室にて局所麻酔と笑気吸入麻酔(あるいは静脈内鎮静法)を併用して手術を行います。ノーベルガイドを併用した負担の少ない手術も可能です。
高度に顎の骨を失った総入れ歯の場合でもマロ・クリニック東京様との連携で即日に人工歯を装着することが可能です。

人工歯根が骨と結合するまで3~6ヶ月待ちます(骨の条件などによって治癒期間は異なります)。
当院からの依頼でマロ・クリニック東京様で手術を受けた方も術後管理をいたします。高度な手術のみマロ・クリニック東京様で受け、その後は通院しやすい当院で治療を受けることも可能です。

人工歯根が骨と強固に結合した時点で仮歯を装着します。噛み心地や見た目などを仮歯でご確認いただきます。
当院の歯科衛生士と歯科技工士が連携をして仮歯の修正や磨き方などをご指導をいたします。
すでに仮歯を装着された方は2つ目の仮歯を作製するか最終的な歯の作製に入ります。

仮歯で得られた情報を基に最終的な人工歯を作製・装着します。
当院併設の技工所やマロ・クリニック東京様の技工所で作製いたします。

インプラントも含めたお口全体の健康を保つため、メインテナンスに定期的にお越し下さい。

津田沼南歯科では「CT」を導入いたしました

歯科用CT CTは、患者様の歯やあごの骨などをスキャンして、高精度な3D画像として表示できる設備です。歯や骨などを、さまざまな角度から拡大・縮小して詳しく見ることができます。より詳細な分析・診断と、患者様への分かりやすいご説明が可能になり、今まで以上に安全・精密なインプラント治療を行うことができます。

インプラントを長持ちさせるためのメインテナンス

インプラントは人工物なので虫歯になることはありません。そのため「お手入れいらず」と思っている方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。期間と費用をかけてつくった大切な歯だからこそ、本物の歯と同様、もしくはそれ以上にメインテナンスの意識を持つようにしてください。

【長持ちさせるために気をつけるポイント】
インプラント周囲炎 ケアが不十分だと歯周病と同様の症状を引き起こす「インプラント周囲炎」になる可能性があります。自覚症状に乏しいため進行に気づきにくいので、定期的に歯科医院で検査を行いましょう。
人工歯のすり減り 人工歯は徐々にすり減り、噛み合わせの乱れの原因になることがあります。人工歯のみの交換も可能ですので、すり減った場合には早めの交換がおすすめです。
噛み合わせの乱れ お口全体の噛み合わせの乱れがインプラントへの負荷を生み、インプラントの寿命を縮めてしまう場合があります。定期的に噛み合わせのチェックを行いましょう。

TO PAGE TOP

料金表

片顎CT撮影及び診断料(Nobelclinician) ¥54,000
上下顎CT撮影及び診断料(Nobelclinician) ¥58,320
インプラント1本(人工歯根、仮歯、最終的な被せ物を含む) ¥378,000
静脈内鎮静法 ¥64,800

インプラントに関するよくあるご質問

手術は痛くありませんか?
手術は局所麻酔(あるいは静脈内鎮静法)を行ったうえで行いますので、ほとんど痛みを感じることはありません。麻酔が切れてから1~2日は痛み・腫れを伴うことがありますが、すぐに治まりますのでご安心ください。
アレルギーの心配はありませんか?
インプラントの人工歯根に使われているチタンは、人体との相性が非常にいい金属ですので、金属アレルギーの心配はほとんどありません。
インプラント治療に年齢制限はありますか?
顎の骨の成長がほぼ止まっている18歳以上の健康な方であれば、年齢の上限なく治療をお受けいただけます。ただし、糖尿病や心臓病などを患われている方は治療が難しいケースがあります。まずは一度ご相談ください。
インプラントには保証はついていますか?
インプラント治療に保障制度につきましては、こちらでご案内しております。
インプラントの保証について
※ただし、保障の対象となるは、定期的に当院でのメンテナンスをされる方のみです。

TO PAGE TOP